NEWS

image 1
2018年10月2日 #イベント

【就活コラム②】都会か地方かで悩む

2019年卒業の皆さん、就活の状況はいかがでしょうか。
2020年卒業の皆さん、既卒だけど下関市内で仕事を探していらっしゃる方、
働くことについてどう考えていますか。

さて皆さんは、「地元」は好きでしょうか。

「やっぱり地元が一番落ち着く。大好き」
「両親の近くで生活したい」
そんなことを考えて、地元就職を検討している方もいることでしょう。

「絶対東京でしかできない。かなえたい夢がある!」なら迷わず東京に行くべきです。
迷っているのであれば、そこはきちんと整理をして本当に自分が輝ける場所は
何なのかを検討してみるのも一つです。

・地元で就職したい理由
・東京(都会)で就職したい理由
を全部口に出して言ってみる。もしくは書き出してみる。
そこから自分が大切にしたいものが何なのかを考える。

漠然と頭の中だけで考えると、
「でも都会が」「やっぱり地元が」といった無限ループに陥る方も多いものです。

このページを読んでいる方が新卒であれば、
自分の働く人生のスタートをどこで始めるか、
これは重要なことだと考えるでしょう。
確かに重要なことですが、都会であれ、地方であれ、
そのまま一つの人生を歩まなければいけないということはありません。

「やっぱり地元に帰りたい」
「地元に貢献したい!」
そう思ったときに帰ってきてもいいのです。
もしくは、少しハードルが上がるかもしれませんが、
「やっぱり東京に行こう!」
と考えることもできるということを忘れないようにしてください。
「これじゃなきゃダメ」という狭い視野で就活をしてしまいがちですが、
「自分の人生はたくさんの選択肢であふれている」という前向きな気持ちで、
自分の人生をワクワクしながら書き出してみましょう。

就活中は、悩んでしまう時期もあるかもしれませんが、
私は悩んだ結果の選択こそ、大きな価値があると考えています。
ぜひ、“勢い”や“フィーリング”で決めるのではなく、
考えて、考えて、考えて、
時には人に相談をして、
「自分はこんなに考えて一生懸命考えて出した結論だ!後悔はない!」
と言い切れるような選択をしてほしいと思います。

本事業(Joinしよう! 下関市「若者の地元就職支援事業」)では、
下関市唐戸(海響館の近く!)の創業支援カフェ「KARASTA.(カラスタ)」で、
キャリア相談を受け付けています。

「下関市に就職したいな」
「下関にはどんな企業があるのだろう」
「下関に帰ってきたい!」そんな方は、カラスタに来てみませんか。
利用料無料、就活に関する書籍も自由に読めて、フリーWifi。

キャリアカウンセリングを受けたい方は、「お問合せ」よりお申込みください。

世の中に就活に関する情報がたくさんあることで、逆にわからない。迷ってしまう。
という人が増えていると思います。

多種多様な生き方を選択できる時代、自分らしい就職とは何だろう。働くことはどんなことだろう。
そんな疑問を共に考え、自分らしい選択を支援できる“場所”をKARASTA.でご提供していきます。

(コラム:国家資格キャリアコンサルタント 大串智絵)

◆ 平成30年度 下関市「若者の地元就職支援事業」
【運営事務局】株式会社ザメディアジョン・リージョナル
〒750-0007 下関市赤間町1-10 創業支援カフェKARASTA.内
083-227-4747 / join@tmr-inc.jp

NEWS 一覧へ
Join